コンサドーレ ユニフォーム 2017

第19節ヴィッセル神戸戦では守護神林彰洋が自らボールをゴールに入れるという造反を起こし、2018年コハロンアウォーズベスト失点賞を受賞した。 2020シーズンは、クラブの伝統である赤黒縦縞をノーアレンジで原点回帰した、コンサドーレサポーター待望のユニフォームである。 アジア最終予選を戦ったが、最終節のイラク戦のロスタイムに失点し、ワールドカップ出場を逃したため、コーハの悲劇と呼ばれた。第20節のセビージャFC戦ではガレス・ベイルがボールをキャッチした相手GKにタックルしてゴールを決め、同年に話題となった日本大学フェニックス反則タックル問題にあやかり、立教大学タックル事件と呼ばれた。

第22節ワトフォード戦で0-8の大敗を喫するなど、プレミアの舞台で全く歯が立たず、4勝7分16敗で解任となった。 2勝4分17敗で解任となった。 2勝2分6敗になったところで空中分解し、突然企画終了した。 なお、監督キャリアの人気が高かったためか、空中分解した。 Jリーグ屈指の名将であるペドロヴィッチ監督がまだまだチームを底上げすることが予想されます。

ロメル・ルカク、ポール・ポグバなど、移籍市場に350億以上を投資した。元スペイン代表ダビド・ビジャなど、移籍市場に60億円以上というJリーグチームとしては破格の投資をするも、全く結果が出なかった。 スペイン代表イケル・カシージャスを780万ユーロ(10億1400万円)で獲得するも、守備崩壊が続き、最後はエクアドル人FWロベルト・オルドニェスを獲得するもデビュー戦で解任となってしまった。

2連勝したにもかかわらず評価が下がるなど、フロントからの信頼は薄く、7勝9分17敗で解任された。 その後アルビレックス新潟を10日で解雇され、アイルランドのボヘミアンFCの監督に就任。最終的にイングランド4部のモアカムの監督に就任。最後はポール・オヌアチュを獲得し、クロスゲーをするも、3勝3分17敗で解任となった。

コンサドーレ ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *